工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所
サイト内検索
運営者情報
e売るしくみ研究所営業スタッフのブログ、小さな工務店が集客で成功する秘訣
e売るしくみ研究所
営業スタッフ

「チラシを撒いたり、ホームページも作ったけど問合せが無い・・・」
集客で悩める全国工務店経営者に
「反響を取るためのマーケティング戦略」
を一緒に考え、実行する毎日を送ります!

RSS

工務店専門のSEO対策・ホームページ制作会社


工務店ホームページ制作会社の集客日記
更新日:2015,08,07,Friday
ホームページ

ホームページを作ることは、お問い合わせを取ってきてくれる年中無休の営業マンを一人育てることと同義と言っても過言ではないでしょう。

前回もお話しましたが、そのためにはホームページをメンテナンスし腐らせないことが大事とお話しました。

記事を追加し、ブログを更新し、アクセス解析で分析して改善して・・・
やることは常にあり、延々と繰り返します。

地味な作業ではありますが、ホームページくんという一人の営業マンを育てるには、とても重要な作業です。



工務店のホームページ更新で大切な2つのポイント



さて、中小企業の工務店の場合は社長さんがホームページを更新されるケースが多いかと思います。

そこで社長さんがやるべき、大事なことは2つあります。



1:これから活動していく、ホームページくんのことを信じてあげること


まずは、社員の皆さんに周知し、ホームページくんを一緒に育てて欲しいという思いを共有しましょう。

「そんな抽象的な!?」と思うかもしれませんが、思いは人を動かし形にするのです。

「人が動くのは感動した時」とよく言われます。

ホームページくんは人ではありません。
無機質なパソコンやスマホの中に存在します。

でも、そこに気持ちはないのでしょうか?
そんなことはありません!

ホームページくんのなかに、気持ちはちゃんとあります。
そして伝わります。

それは社長さんの思いや、それを作るスタッフさんの思いが鏡のように映し出されるからです。

だから、ホームページくんを信じてください。
信じて育てることがホームページくんの未来をつくるのです。




2:自己開示すること


社長さんの思いや扱っている商品、イベント情報、建築した住宅の施工例記事などのコンテンツはもちろん重要ですが、会社が行っていることを全てホームページに掲載することが大事です。

ホームページに掲載する(公開する)ということは、見ず知らの他人に自己開示することになります。

自己開示と書くとちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

しかし、とにかくその工務店が行っていることをホームページくんはすべて知っている必要があります。

イベントを複数行っていれば、もちろんすべて。

受賞暦やマスコミ掲載、セミナー参加や開催、スタッフ紹介、ニュースレター活動などなど、とにかくすべて掲載する気持ちで作りましょう。

なぜ?そこまでする必要があるのでしょうか?

それは、ホームページくんの相手が人だからです。

さきほども書きましたが人は感動したとき、気持ちが見えたときに動きます。

人は自分に対して秘密主義の人のことを信用できるでしょうか?
自分のことを色々教えてくれる人のほうが信頼できませんか?

ホームページも同じです。

すべてを開示しているほうが信頼を得ることができる確率は上がります。

マイホームという、人生最大の買い物をしようとしているお客様たちは、信頼できる工務店に家づくりを依頼したいと思いますよね?


わたしたちはこんな工務店です。
こんな活動をしています。
こんな思いがあります。

そんなことが、きちんとわかるように掲載されていますか?

ホームページくんにすべての思いを乗せて、信じて育てていきましょう!

きっと、その思いは、お客様に伝わります。

文:岡本



e売るしくみ研究所 岡本e売るしくみ研究所では工務店の集客につながるホームページ作りをご支援しております。
詳しくは、ご連絡ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp


提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所