工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所
サイト内検索
運営者情報
e売るしくみ研究所営業スタッフのブログ、小さな工務店が集客で成功する秘訣
e売るしくみ研究所
営業スタッフ

「チラシを撒いたり、ホームページも作ったけど問合せが無い・・・」
集客で悩める全国工務店経営者に
「反響を取るためのマーケティング戦略」
を一緒に考え、実行する毎日を送ります!

RSS

工務店専門のSEO対策・ホームページ制作会社


工務店ホームページ制作会社の集客日記
更新日:2015,07,21,Tuesday

こんにちは!
自称e売る専属カメラマンこと両川です。

施工例写真がきれいな工務店のホームページは見ていているとウキウキしてきますよね!

「私もこんなお家に住みたい!」

というお客様の具体的なイメージに直結するのが写真です。

今回は建築物を撮影する際に使えそうな構図として


1.三分割法
2.三角構図
3.ローアングル

の、3つをチョイスしました。

構図ならば、どんなカメラをお使いでも真似することができますので、是非やってみてください。
ちょっと意識してみるだけで見違える写真が撮れるようになりますよ。

それから
基本的な心構えとして、

「欲張り過ぎない」

ということも大切です。

写真撮影は“引き算”なんて言い方もするくらいです。

では、さっそく説明してまいります。



三分割法

まずは基本です。
ファインダーやディスプレイに縦横2本ずつの線が出てきて鬱陶しいと思ったことはありませんか?
実はこの線、ものすごく大切なものなんです。
このラインを意識して撮影する構図が“三分割法”です。


三分割法は
・縦の線と横の線が交わる4つの点に、強調したい被写体を持ってくる
・縦の線あるいは、横の線に沿って被写体の境界線を持ってくる
という構図です。


三分割法

このLDKの写真は右下の交点に観葉植物、右上にライトを配置しています。

◆元の写真◆三分割法の画像
三分割法三分割法

どうでしょうか。
二枚の写真を比べてみると、ぐっと近くに、ポイントが絞られた感じがしませんか?

アクセントを意識して撮影することで、ボヤっとしない写真になります。
建築物に限らず、色々な写真につかえますので、これだけでも覚えておくと便利ですよ!


三角構図

三角構図は
・左右の下部から、中心上部へ向かって被写体を配置する
という構図です。

奥行きを表現したい場合などに用います。
階段や廊下などを撮影する時に使うと便利な構図です。
その他、建物の外観を撮影するのにも向いています。
三角構図

こちらの写真は、屋根が中心上部へ向かっています。
三角構図

また、この写真は“左右対称”になっています。
やはり中心が揃っている方がきれいに見えます。


ローアングル

続きましてローアングルの説明です。


ローアングルは
・建造物を見上げて近寄る
という構図です。

ローアングル

巨大なものをよりダイナミックに演出する場合に用います。
あまりにも大きいものは、比較対象がないと大きさが分かりにくくなるものですが、ローアングルから撮影すると、その大きさや迫力が伝わります。

さらに、この写真は東京タワーの足の一本が対角線に入っています。
これが写真全体のバランスを調整しています。
ローアングル


ホームページを彩る写真・画像は綺麗なものを使いたいですよね。
ステキな施工例の写真はお客様を引き付ける必須アイテムです!
ぜひ、構図を意識して自慢の施工例を撮影してみてください。

カメラの基本設定については、こちらの記事に詳しく書いてあります。
素材の味は大切!HPに載せる写真撮影のコツとは(基本設定編)


e売るしくみ研究所 両川e売るしくみ研究所では集客につながるホームページ作りをご支援しております。
詳しくは、担当:両川までご連絡ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp




更新日:2015,07,15,Wednesday
ホームページ

最近では、1社で複数のホームページを持つ会社さんも珍しくなくなってきました。

なぜか?

一番の理由はホームページが増え、競合サイトが増えたためです。

競合サイトが増えた原因には、以下のような背景があります。

・無料で簡単につくれるホームページやブログが増え、気軽に情報発信ができる環境になった
・スマホが普及し、ネットを利用するユーザーが増えた



ホームページを沢山の人に見てもらうには、検索上位に表示されることは必須です。
しかし、複数のキーワードでひとつのホームページを検索上位に表示させるのは、競合サイトが増えたことで難しくなってしまいました。

そこで、キーワード毎にそれぞれサイトを立ち上げ、それぞれのキーワードで上位表示させるのが主流になっています。

もちろんその分の制作費用、運用コストがかかりますが、以下のようなメリットもあります。

・サイトの構造がシンプルになる
・ターゲットが異なる場合、そのターゲットに向けたデザイン、コンテンツが作りやすくなる
・SEO的にターゲットキーワードをわけることで、より専門的なホームページになる



例えばですが、もしあなたが美味しいピザを食べたくなったらどちらのお店にいきますか?

・中華からイタリアンまでなんでもそろうファミレス
・ピザ専門店

もちろん美味しいピザが食べたいならピザ専門店ですよね?
ホームページでも同じことが言えます。

文:渡辺


e売るしくみ研究所 渡辺e売るしくみ研究所では集客につながるホームページ作りをご支援しております。
お気軽にご相談ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp
更新日:2015,07,06,Monday
ハト ピジョン

こんにちは土屋です。
今日は弊社の営業姿勢のお話をさせていただきます。

営業には色々と格言や鉄則が良くあります。
・モノを売るな、自分を売り込め
・モノを売るな、コトを売れ
・自分の売りたいモノを売るな
・顧客が求めるモノが必要なモノとは限らない
などなど

格言や鉄則ではありませんが、弊社は今「営業に行く」のではなく「取材に行く」を会社として掲げています。

なぜ取材??

それは、お客様のお話を聞く=取材をする事、を通して、お客様の悩みを解決できるようなご提案を行う事が出来るからです。

良くある例ですが「ホームページで売上を上げたい!」というお客様がいたとします。

取材をしていく中で、社長様やスタッフ様は、非常に忙しくされていることが多いと感じることがあります。

大企業でもなければ、社長は何から何までやらなくてはならず、とにかく忙しいと言うのはどこでもある話です。

そんなお客様に必要なのは、売上でしょうか?
まず人材の確保・育成などが必要なのではないでしょうか?

ホームページは仕事の受注だけが、役割ではありません。
求人ページや代表紹介・スタッフ紹介を充実させる事で、人材の獲得にも寄与する事が出来ます。


また、弊社では、人材教育系の会社様ともコラボレーションさせていただいており、営業マンや幹部の育成と言ったお手伝いも可能でございます。

取材を通して、お客様の内情を知り、お客様でも気づかないようなご提案をさせていただければと弊社では考えております。

弊社には、若い営業マンが多いですが、是非皆様の悩みをお聞かせください。

文:土屋



e売るしくみ研究所 土屋e売るしくみ研究所では集客につながるホームページ作りをご支援しております。
お気軽にご相談ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp



提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所