工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所
サイト内検索
運営者情報
e売るしくみ研究所営業スタッフのブログ、小さな工務店が集客で成功する秘訣
e売るしくみ研究所
営業スタッフ

「チラシを撒いたり、ホームページも作ったけど問合せが無い・・・」
集客で悩める全国工務店経営者に
「反響を取るためのマーケティング戦略」
を一緒に考え、実行する毎日を送ります!

RSS

工務店専門のSEO対策・ホームページ制作会社


工務店ホームページ制作会社の集客日記
更新日:2015,08,28,Friday

こんにちは!
自称イーウル専属カメラマンこと両川です。
前回の記事が7月の月間MVPに選ばれて調子に乗ってます。

さて、写真撮影をしていると、どうしても気になる手ぶれ。
本日は、そんな手ぶれを少しでも解消するために、あると便利なアクセサリーを紹介します。

その他、施工例をはじめとする建造物を撮影する際にあると良いものもご紹介してまいります。

と、いうことでチョイスしたのがこちらの3つ。



1:手ぶれ対策に絶対的な味方「三脚」


2:三脚をさらにフォローする「レリーズ」


3:室内撮影に最適「スピードライト(フラッシュ)」



(カメラによって使えなかったりするので具体的な品名などは省略させていただきます)

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)やミラーレス一眼(ミラーレス)では使えないものもありますが…

ぜひデジタル一眼(デジイチ)が欲しい!と思ってもらえるようアクセサリーの魅力をお伝えしてまいります!

では、こちらから!



手ぶれ対策に絶対的な味方「三脚」


なんというか言わずもがなですね。
地面にしっかり立てかけて固定して使う三脚。
コンパクトなものだと20センチくらいに収まってしまうものもあります。
ゴリラポッドなどの足がくねくねしているものも大変便利です。

三脚は、カメラに合わせて選ぶ必要があります。
大きなものを持っていればそれだけで事足りますが、やはり持ち運びは大変。

「持ち運ぶのが大変なら…小さいのでいいや!」

確かにそうかもしれません。
コンデジやミラーレスなら小さいものでも充分。
しかし、デジイチの方はお気を付けください。
小さい三脚はカメラの重量を支えられないことがあります。

私はゴリラポッドを買って、カメラを支えられず失敗しました…
なので、デジイチの方はカメラ本体の迫力に負けない三脚をお選びください!

参考価格帯:3,000円〜5,000円




三脚をさらにフォローする「レリーズ」


レリーズとは、カメラ本体についているシャッターボタンでシャッターを切るのではなく、少し離れたところからシャッターを切れるアクセサリーです。

レリーズを使うことにより、三脚で固定したカメラ本体には一切触れることなく写真が撮れるため、手ぶれ対策をさらに強化することができるシロモノです。

よく集合写真を撮るときにカメラマンの人が右手を挙げて「撮りまーす!」と言ってる時に右手に持っているスイッチのようなもの、あれがレリーズです。

アタッチメントを使えばコンデジやミラーレスでも使えます。

レリーズのおすすめの使い方はカメラを床において撮る時。

画面を見ながら構図を調整して、レリーズをポチッとな。

するとこんな写真が撮れます!

レリーズを使用して撮影した写真

地面が不安定で伏せられない時なんかも便利です。

参考価格帯:2,000円〜5,000円



室内撮影に最適「スピードライト(フラッシュ)」


「え?標準装備のフラッシュじゃダメなの?」

と言われてしまいそうですが、標準装備のフラッシュは正面にしか光を当てられないので写真が不自然なものになってしまいます。

一方、スピードライトは光を当てる角度をコントロールできるので不自然になりにくいんです。
なぜならば、光を一度別の場所に反射させるのがスタンダードな使い方だから。

スピードライトなしで撮影した写真スピードライトを使用して撮影した写真
左:スピードライトなし
右:スピードライトあり

角度を変えて、一度壁や天井に反射させて撮影するんです。
なので、室外撮影より、室内撮影の方が向いています。

リビングなどの施工例写真を撮影するのが、夕方になってしまっていることはありませんか?

そんな時にこのスピードライトがあれば大丈夫。
不自然にならない程度に光を当てて、柔らかい印象の写真が撮れるようになりますよ!

参考価格帯:20,000円〜70,000円



と、いうことで、カメラに使えるアクセサリー編をお送りしました。
アクセサリーが充実してくるともっと楽しくなるカメラの世界。
写真も楽しみながらとると、お客様にもその楽しさが伝わるはず!

工務店のホームページで一番見られているのは、施工例のページです。
施工例の写真が美しいかどうかでお客様の印象は大きく変わってしまいます。


いい写真で施工例をつくれるよう、楽しいカメラライフを送ってくださいね!

さて、カメラのお話3部作、お楽しみいただけましたか?

今度はちゃんと参考にできる写真を撮りだめて、実際に撮影したものでご紹介できるよう準備してきます!

いつかまた、カメラの話になるかと思いますが、その時はよろしくお願いいたします。

こちらも合わせてどうぞ。
素材の味は大切!HPに載せる写真撮影のコツとは(基本設定編)
素材の味は大切!HPに載せる写真撮影のコツとは(構図編)

文:両川


e売るしくみ研究所 両川e売るしくみ研究所では工務店の集客につながるホームページ作りをご支援しております。
詳しくは、ご連絡ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp





更新日:2015,08,11,Tuesday

こんにちは営業の土屋です。

工務店様とお話をしていて、お問い合わせをいただく一番の媒体は何ですか?と尋ねると、必ず帰ってくるのは
「紹介です!」

と言うお答えです。

工務店さんは、大手ハウスメーカーと違い、地域密着で営業している工務店さんが多いので、殆どの工務店さんは紹介で仕事を受注されるケースが多いようです。

これってとっても大事なんですよ!



顧客獲得に掛かる経費


一般的に新規顧客を獲得するためには、既存顧客に対して5倍の経費が掛かると言われています。

逆に考えれば、既存のお客様は1/5の経費で再受注ができることになります。

住宅は、築年数が経てば、リフォーム、建替えの需要が発生します。そしてなにより口コミや紹介と言った横のつながりでどんどんお客様を紹介してくれます。

まさに、既存(OB)のお客様は宝物なのです!

なので大手ハウスメーカーは、その後のリフォーム等の依頼を取るために、既存の顧客フォローをとても大事にします。

でも工務店さんは人的労力が大手ハウスメーカーに比べると、少ないのが実情です。
工務店とハウスメーカーのアフターフォロー回数比較

グラフ:工務店とハウスメーカーのアフターフォロー回数比較


既存のお客様をフォローし続ける必要性


既存のお客様をフォローし続ける事って大変なんですよね。

年賀状や暑中お見舞いを送るのは当然として、建築後の3カ月点検、半年点検、1年点検、3年点検・・・・

などなど豆に行って、お客様との接点を持ち続けることが必要なのです。

でもでも1/5の労力と思えば、大したことはありません。

今すぐ顧客管理表を見直して、お客様に訪問しましょう!

文:土屋


e売るしくみ研究所 土屋e売るしくみ研究所では工務店の集客につながるホームページ作りをご支援しております。
詳しくは、ご連絡ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp

更新日:2015,08,07,Friday
ホームページ

ホームページを作ることは、お問い合わせを取ってきてくれる年中無休の営業マンを一人育てることと同義と言っても過言ではないでしょう。

前回もお話しましたが、そのためにはホームページをメンテナンスし腐らせないことが大事とお話しました。

記事を追加し、ブログを更新し、アクセス解析で分析して改善して・・・
やることは常にあり、延々と繰り返します。

地味な作業ではありますが、ホームページくんという一人の営業マンを育てるには、とても重要な作業です。



工務店のホームページ更新で大切な2つのポイント



さて、中小企業の工務店の場合は社長さんがホームページを更新されるケースが多いかと思います。

そこで社長さんがやるべき、大事なことは2つあります。



1:これから活動していく、ホームページくんのことを信じてあげること


まずは、社員の皆さんに周知し、ホームページくんを一緒に育てて欲しいという思いを共有しましょう。

「そんな抽象的な!?」と思うかもしれませんが、思いは人を動かし形にするのです。

「人が動くのは感動した時」とよく言われます。

ホームページくんは人ではありません。
無機質なパソコンやスマホの中に存在します。

でも、そこに気持ちはないのでしょうか?
そんなことはありません!

ホームページくんのなかに、気持ちはちゃんとあります。
そして伝わります。

それは社長さんの思いや、それを作るスタッフさんの思いが鏡のように映し出されるからです。

だから、ホームページくんを信じてください。
信じて育てることがホームページくんの未来をつくるのです。




2:自己開示すること


社長さんの思いや扱っている商品、イベント情報、建築した住宅の施工例記事などのコンテンツはもちろん重要ですが、会社が行っていることを全てホームページに掲載することが大事です。

ホームページに掲載する(公開する)ということは、見ず知らの他人に自己開示することになります。

自己開示と書くとちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

しかし、とにかくその工務店が行っていることをホームページくんはすべて知っている必要があります。

イベントを複数行っていれば、もちろんすべて。

受賞暦やマスコミ掲載、セミナー参加や開催、スタッフ紹介、ニュースレター活動などなど、とにかくすべて掲載する気持ちで作りましょう。

なぜ?そこまでする必要があるのでしょうか?

それは、ホームページくんの相手が人だからです。

さきほども書きましたが人は感動したとき、気持ちが見えたときに動きます。

人は自分に対して秘密主義の人のことを信用できるでしょうか?
自分のことを色々教えてくれる人のほうが信頼できませんか?

ホームページも同じです。

すべてを開示しているほうが信頼を得ることができる確率は上がります。

マイホームという、人生最大の買い物をしようとしているお客様たちは、信頼できる工務店に家づくりを依頼したいと思いますよね?


わたしたちはこんな工務店です。
こんな活動をしています。
こんな思いがあります。

そんなことが、きちんとわかるように掲載されていますか?

ホームページくんにすべての思いを乗せて、信じて育てていきましょう!

きっと、その思いは、お客様に伝わります。

文:岡本



e売るしくみ研究所 岡本e売るしくみ研究所では工務店の集客につながるホームページ作りをご支援しております。
詳しくは、ご連絡ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp
更新日:2015,08,06,Thursday

e売るしくみ研究所 林
先日、スタッフと焼肉に行きました

皆さんお久しぶりです。
とうとう大食いキャラで固定されてしまった林です。

皆さんホームページを更新出来ていますか?
ブログ続けられていますか?

さて、今回は工務店がブログを更新っするコツ第4弾!
ということで「工事ブログ」というものをご紹介します。



工事ブログとは


e売るしくみ研究所 林

そのまま工事の様子をブログで紹介するという名前通りのものです。

「工事の様子なんて、ブログで伝えてどうするの?」
と思われるかもしれません。

そこで、本日は

工務店が工事ブログを更新するメリットを4つ紹介します!



メリット1:ブログのネタに困らない!


工事の様子は日々変わっていきますので、手が回れば毎日でも更新出来るようになります。

工事の写真を1枚と、その内容をちょっと書くだけですから、慣れてくれば1記事5分くらいで書けるようになりますよ。

今では、スマホで写真をとって、そのままスマホからブログが書ける便利なアプリもあります。

ブログを沢山更新している、工務店さんでは、そのようにスマホから更新を行っている方もいらっしゃいます。



メリット2:キーワード対策になる!


通常のブログですと、日記風になることも多くあると思います。

しかし、あまりにも日記ばかりを書いてしまうと、せっかく集客したいキーワードでSEOを行っていたのに、崩れてしまう可能性があります。

例えば、「○○市 間取り」「○○市 注文住宅」などのキーワードで検索順位が上位だったのに、住宅と関係ない記事ばかりを書いていると、「○○市 間取り」「○○市 注文住宅」といったキーワードで検索した時に、上位表示されなくなってしまうことがあるのです。

しかし、工事ブログだったら、工事をしている箇所の名称など、住宅に関する用語が自然と増えてくるので、キーワード対策となります。

更に、カテゴリーやタイトルに「二世帯住宅」「地域名」などを入れることで、「工務店」といった大きなキーワードに対しても効果を持ってきます。




メリット3:家づくりの流れが分かる(エンドユーザー様)



工事ブログは着工から完成までを掲載することで、それ自体が家づくりの流れ(工事内容)を分かりやすく説明する材料となります。

家を建てる工務店を探しているエンドユーザー様は、工事ブログで流れやその工務店の仕事ぶりをチェックしています。

工事ブログを更新していれば、エンドユーザー様も自分が、その工務店で家づくりを始めた時のことを想像しやすくなり、より取組み易くなるのではないでしょうか。




メリット4:家が出来てくる様子が分かる(お施主様)



私が一番メリットに感じているのは、実はこの部分です。

お施主様はあなたの工務店で人生最大の買い物をしました。

その買い物の様子が気にならない方なんていないですよね?

信用されている、されていないの問題ではなく、少しずつ自分たちの家が出来ていくのを見るのが楽しみ、ワクワクする!という方が多いと思います。

ですが、仕事も忙しく、なかなか建てている様子を見に行くことができません。

そういう方に喜ばれるのが、この工事ブログです。

ブログですから、忙しくて現地に見に行けなくても、パソコン、スマホなどから見ることが出来ます。

工事ブログを読みながらニコニコしているお施主様を想像するのも容易ではありませんか?



工事ブログの書き方



では、実際に工事ブログってどうやって書けば良いの?という部分ですが、以下の工務店さんのサイトを参考にしてみてください。

1:東京の渡辺ハウジング様
http://www.ysrg-wh.com

2:埼玉のナチュラルハウス様
http://www.natural-house7.jp/c1-.html


どちらの工務店さんも、お施主様に現場を見てもらいたいという気持ちで日々更新されているようです。

そんなに毎日更新出来ないよ!という方は、ご相談下さい。

様々な解決策をご用意しております!


e売るしくみ研究所 林e売るしくみ研究所では集客につながるホームページ作りをご支援しております。
詳しくは、ご連絡ください。
TEL:047−302−8500
メール:info@e-uru.jp




提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所